ロンリーサマーナイト・・・

Stray Cats〜ストレイキャッツの曲
ロンリーサマーナイト

無性に聴きたい気分だった
でも残念ながら手元に音源がない。

多分カセットテープに入ってる。
旧住まいの部屋に置きっぱなしだ・・・

って、ストレイキャッツってこのブログをごらんになっている皆様はご存知でしょうか?

ジャンル的には、ネオ・ロカビリーとか、パンカビリーといわれてます。
1980年英国でデビュー
ブライアン・セッツアー(ギターボーカル)
スリムジムファントム(ドラム)
リーロッカー(ベース)
の三人からなるバンド
ギターは、グレッチの#6120
ドラムはスネア、バスドラ、シンバルのスリーピースでスタンディングスタイル。
ベースは、ウッドベース。

初めてみた時のルックスといい、曲といい衝撃的だった。
高校1年生の時
すでに、解散していた。がのち再結成。ちょうど再結成でリアルタイムに聴けた。

ビンテージのグレッチサウンドは、アンプは、フェンダーのオールドのベースマンからテープ式(ローランド?)のディレイをかいして響く。
なぜ、ギターが、ベースアンプを使ってるの?ってこの辺の楽器をやってる人は思いますよね。1950〜1960年代はギターとベースはひとつのアンプで仲良くって言うのが普通だったそうです。ですから当時のベースマンには、ギターをつなぐジャックがついています。
憧れの音色・・・
オールドアンプならではの真空管が造りだす歪み・・・
やっぱり今聞いてもシビレます。
もう6、7年前のこと
ギターなんて弾けないのに・・・
オールドのグレッチを購入
25万円
さすがに、#6120のオールドは買えない。その頃100万円はしたから・・・
で、買ったのは1967年製のテネシアンというモデル。
現行モデルの6120と同じくらいの値段でオールドが買える・・・
なぜかギター弾きのなかでは、オールド崇拝的信仰があるんですよねワラ
ギター弾きでもないのに・・・当時ビンテージギターの専門店をやってた友人の店で購入。

必死に練習した
でも・・・挫折
ストレイキャッツの曲は、素人には無茶といわれワラ
確かに、ブライアンセッツアーのテクニックは高度。
ロカビリー特有のギャロッピン奏法ってやつ
ハードロックとかヘビメタの速弾きとはまた違う高度なテク・・・らしい。
現在ブライアンセッツアーは、「ブライアンセッツアー・オーケストラ」というネオスウイング系のビッグバンドを従えて活動中。

気になったかたは、検索かけて調べてみてください!

それと・・・
ギターですが・・・
宝の持ち腐れと思い・・・
ギターが可哀想になり・・・

大切にしてくれる方へ譲りました。
今は、ヤマハのアコギが一本
それも、FGジュニアというチョット小さいやつ。
久しぶりに弾いてみようかな・・・
エルビスプレスリーのナンバーでも・・・

って、こんな内容を書くつもりじゃなかったんですが・・・汗

ロンリーサマーナイト
ロンリーな夏の夜的話題で攻めるつもりだったんですがワラ





コメント
俺、フェンダーのベース持ってますよ。
バンド組んで、某ピジュアルバンドと対バンしちゃいましょうw
  • なり缶
  • 2008/07/01 12:22 AM
よし!バンドやろう!てかオレ、アコギ片手にエルビスやろうとしてた…イメージとしては安岡力也のホタテマン!W
ちかいうちデビューしようと妄想中でした( ̄ー ̄)
  • M濃園
  • 2008/07/01 10:29 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
mnouenをフォローしましょう